« 再び、街頭オークション! | トップページ | シルビア市長の視察(何回目?) »

2006.11.23

ハロウィーンの残骸利用その3

ウルティマ オンラインのハロウィーンイベントが終了して約1週間が経ちました。
前回の「Licorice」についての記事も、前々回の「Caramel Apple」についての記事ほどではなかったですが多くの方に閲覧して頂きました。なんとその数200アクセス以上という、このブログとしては考えられない数でした。ということで、最後に残ったヤツも記事にすることにしました。
とはいえ、今回の記事はかなり地味というか、インパクト度は「Caramel Apple」と同程度なので期待はしないで下さい。
前回前々回と多くの人に閲覧して頂いたのに最後の1種類を記事にしないと気が済まないという自己満足ですので…

では、本題に入る前にお決まりのお断りです。
この記事の内容は当ブログ記事の特徴である「知っている人は知っている」という程度の内容です。既に知っている方は読み流して下さい。
また、仕様変更・修正などによって将来的にできなくなることもありますので、期間限定とお考え下さい。

では本題にいきます。
今回は最後に残った「Rock Candy」を消化するのですが、これによく似ている物は何かと前回同様に考えてみました。「Rock Candy」の形状に似ている物… これは普段よく目にすることがない物ですので気が付かない人も多いかもしれません。特に生産をしない人は全く分からないかもしれませんね。
まあ、それくらいに存在価値が薄い物と言えるわけで、膨大に存在しているとしても一応記念アイテムでキャンディを代替として使う必要があるのか疑問もあります。
逆の発想をして、バックパックに入ってると意図せず消費して無くなるという警告にはなるので良しでしょうか?
それでは今回も下調べとして街のNPCの反応を調査してみます。2006y11m23d_070323425
まずは、ブリテインにある細工ギルドでTinkerの反応をみてみました。

今回も予想通りすんなりと買い取ってくれました。
年の為に他の職業のNPCの反応もみてみましょう。2006y11m23d_070225241
ご覧の通り、道具屋にいるProvisionerも買い取ってくれます。しかも、現在5Glodの買い取りですね。Provisionerはいろいろな物を買い取ってくれるので利用することが多いですし、記念に保存しておこうと思って間違って売ってしまったら泣けそうですね。

では一体何と認識しているのでしょう? お分かりの人はお分かりですね。
なんと「Rock Candy」はSpringとしてNPCは認識しているようなのです。
ということは……? 何かを生産する時の材料にもなるかもしれませんね。と、何を作る時にSpringを使うのか調べて見ましたが、あまり実用的な物がみつかりませんでした。2006y11m23d_070544548
その中でも比較的実用的ではないかと思われる物を作ってみます。
Metal Container Engraving Toolという金属のコンテナに刻印をするのに使用する道具です。この道具はチャージが1回という物なので荷物を整理整頓しようとした時にかなり消費したりします。
成功率が100%なのでロスはありませんが、細工(Tinkering)スキルが75.0も必要ですので今回も初心者や初期キャラクタ向けではありませんね。

そうと決まれば早速試しに作ってみましょう。
怪しい使い方ですのでとりあえず街中から移動します。今回はブリティッシュ城にあるタロン市長の事務所向かい側の2階で作業することにしました。まさか、こんなところで怪しいことをしているとは思わないでしょう(笑)2006y11m23d_072955454
材料はあらかじめ揃えておいたので後は作成するだけです。ここには4種類の材料が写っていますが、実際にはGearsIngotから細工スキルで作成できますので実質3種類の材料で作成できます。
これらの材料と細工道具(Tinker's Tool)があればサクッと作成できるはずです。

細工道具をWクリックして、いざ作成!2006y11m23d_073053277
細工で生産の時は効果音がないので非常に寂しいですが、見事に作成できました。
生産は一瞬で完了ですから、バックパックにキャンディがあるのに気が付いた『あっ!』と思った時には既に遅いという… 怖い話です。2006y11m23d_073039317
念の為に「Rock Candy」の数を確認してみると、間違いなく数が減っています。
ということで、「Rock Candy」がSpringとして材料にすることも、NPCに売ることも可能なようです。
これでSpringを使う生産物が多くあればラッキーという感じもしますが、Springを使う生産物は非常に少ないのが残念です。

これでハロウィーンのキャンディ全種類の怪しい利用法を紹介できました。
これらの怪しい利用法は上でも書いた通り、バックパックに入れておくと意図しないで材料として消費してしまったり、間違ってNPCに売ってしまう恐れがあるということの証明でもあります。
ハロウィーンの思い出に保存しておこうと思っている方は、バンクボックスや家のセキュアに大切に保管して下さい(保存しておこうと思っていてバックパックに入れて持ち歩くことは殆どないとは思いますが…)

« 再び、街頭オークション! | トップページ | シルビア市長の視察(何回目?) »

【UO】日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィーンの残骸利用その3:

« 再び、街頭オークション! | トップページ | シルビア市長の視察(何回目?) »

フォト

サイト内検索

  • ※ 当ブログは、有料サイト、アダルト系サイト、出会い系サイトなどからのリンクを除き基本的にリンクフリーです。
    オンラインゲーム系サイトからのリンクは大歓迎です。

GT of UO by Amazon.co.jp

  • : ウルティマ ゲームタイム180
  • : ウルティマ ゲームタイム90
  • : ウルティマ ゲームタイム30
  • Amazonギフト券: <<

Copyright EA&UO

  • (C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

無料ブログはココログ