カテゴリー「パソコン・インターネット」の20件の記事

2015.09.06

うるさいデスクトップPCを静かにしたい*

私は、ノートPCが好きです。
なぜ、ノートPCが好きなのかといえば、動作音が比較的静かだから。
ファンレス+1スピンドル仕様のノートPCなら、ハードディスクの音だけでとっても静か。

私は集中力ない人なので、ノイズが少しでもあると集中できないのです。

デスクトップPCも使ってますが、当然できるだけ静穏仕様。
k400_black_img01_b
CASEは、3R SYSTEM  K400。冷却効率仕様。
電源はサイズ製の静穏仕様の物で、CPUファンもサイズ製の静穏仕様の物。


それでもデスクトップPCが五月蝿いと思っていたのです。
だから、ついついノートPCを使ってしまい、デスクトップPCは・・・


そして、今日もやっぱり五月蝿いデスクトップPCに嫌気が。
グラフィックボード拡張や、CPU交換した時に電源ケーブルをごっちゃにしたままだったので、綺麗にまとめたら少しは振動物が減ってよくなるだろうと思ってやってみたわけですが。

けっこう静かになったけど、まだまだ五月蝿い!!(怒)

という結果。


ちょっと待て。
こんだけ静穏を意識してるのに何でここまで五月蝿いわけ?


イライラ、イライラ、イライラ

続きを読む "うるさいデスクトップPCを静かにしたい*" »

2015.09.03

Google Chromeと Adobe Flash Playerと音ブチブチ*

最近ツキがありません。悪いもの憑かれているかのよう。


そんな中、つい最近のGoogle Chromeのアップデート後から、動画を再生したりするとブチブチとノイズいっぱいの音が出るようになってしまいました。


そんな時はまず先人の知恵を拝借という、Google先生にお伺いを立てるわけですが…

検索にひっかかる情報は、
内部のFlash Playerを無効にして、
別途インストールした外部のFlash Playerを使用せよ

ss201509031842

  1. about:plugins でプラグイン管理ページを出し
  2. 詳細表示がされていなかったら、ページ右上の「詳細」をクリック
  3. タイプ: PPAPI(プロセス外)」のFlash Playerを無効にする。

もし、外部のFlash Playerがプラグインの一覧になかったら

  1. chrome://flags/#enable-npapi で外部のFlash Playerを有効に
  2. Adobe Flash Player がインストールされていなければインストール
  3. Google Chrome を再起動

という手順を踏んでから、内蔵のFlash Playerを無効にすればよし。

続きを読む "Google Chromeと Adobe Flash Playerと音ブチブチ*" »

2015.09.02

セキュリティ対策ソフトを世界シェアから選ぶ *

Google検索などで調べるセキュリティ対策ソフトのランキングや評価サイトは数多。   
いろいろな視点の切り口で書かれているので、どのソフトが良いのか迷う。 
   
   
OPSWAT, Inc.が公開した2015年1月のデータによれば、    
1位 21.4% Avast    
2位 19.4% Microsoft    
3位 8.6% AVG    
4位 7.4% Avira    
5位 7.1% Symantec    
6位 6.2% McAfee    
7位 4.2% ESET    
8位 3.5% Kaspersky Lab    
   
圧倒的に、AvastとMicrosoftのシェアが高い。    
   
   
この結果にはからくりがあるし、    
あくまで人気投票であって、必ずしも性能の高さと一致していない。    
   
   
さて、この順位のからくりは・・・

 

続きを読む "セキュリティ対策ソフトを世界シェアから選ぶ *" »

2015.08.30

Logicool G300s オプティカル ゲーミングマウスを買う *

ゲーミングマウスを購入しました。
ゲーミングマウスとはナンデスカ?という人に一言で説明すると、
『ゲームプレイに便利なように作られたマウス』

ゲーミングマウスの特徴としては、
○ マウスを動かした時の反応が良い
○ マウスを動かした時のカーソル移動距離を変えられる
○ ボタンの数が多い
○ ボタンの機能を変更できる
○ ボタンの耐久性が高い

とはいえ、ゲーム専用のマウスではないので、ゲーム以外に使ってもかなり便利アイテムです。

購入したのは、LOGICOOL G300S オプティカル ゲーミングマウス
Amazon.co.jpのゲーミングマウスカテゴリーのベストセラー1位のマウスです。(2015/8/30現在)

P_20150830_161725

必要システム:
・Windows 8、8.1、windows 7、Windows Vista
・USBポート

9個のプログラム可能なボタン*1
3つのプロファイルを保存できるオンボードメモリ*1
左右対称でコンパクトな形状
カスタマイズ可能なイルミネーション
簡単に切替可能な解像度(250~2500dpi)
1/1000秒の高速レポートレート
最大1000万回クリックのボタン耐久
低摩擦フィート

ケーブルの長さは約2mと十分な長さです。
ボタンのプログラムをする為に、メーカーサイトから別途ソフトウェアのダウンロードが必要になります。
初期のプログラムのまま使用するなら、USBポートにマウスを刺すだけで使えます。

続きを読む "Logicool G300s オプティカル ゲーミングマウスを買う *" »

2015.08.26

まだ使ってる? Windows XP?? *

2014年4月9日にマイクロソフトによるサポートが終了した Windows XP
2015年春頃の段階で、約1割の個人ユーザーがまだWindows XPを使用しているというアンケート結果があった。
ここ最近の、Windows 10へ無償アップデートのブームで、Windows XPを捨てWindows 7に移行した人も多いようなので、今現在のWindows XP使用率はもっと下がっているかもしれない。

Windows 7に移行できた人はよい。
ただ、Windows 7 Professional以上の付いているXPモードもWindows XPと同じくサポートが終了しているので注意が必要です。

今あるパソコンをWindows 7へ簡単に移行できない場合もある。
ノートパソコンなどで“Intel 855GM/852GM Chipset”が使われている機種などは簡単に移行できない。
・まだ使えるからモッタイナイ、
・パソコンを買い換える程パソコンを使ってない、
・Windows XPで動かしたソフトだある。
理由はさまざまあると思いますが・・・
セキュリティ対策ソフトをインストールして最新に更新しているのは当然として、
それでもWindows XPの脆弱性を悪用されないとは限りません。

続きを読む "まだ使ってる? Windows XP?? *" »

2014.02.10

Giga対応スイッチングハブを買いました

ブロードバンドルーターのLANポート数だけでは不足してきた為に計画していたスイッチングハブの購入。

以前12月中に別ブログで書いた「低価格ネットワークハブの選定」の中で3種類の低価格帯のスイッチングハブを選定。

その中の1機種を購入しました。

Dscf2044

BUFFALO製 LSW4-GT-8NS

購入価格は、3,480円。ヤマダ電機店頭で購入。


ヤマダ電機の大決算セールと新製品が発売になったお陰でかなり安く購入できました。


さて、使用感の方ですが。

続きを読む "Giga対応スイッチングハブを買いました" »

2010.08.24

Logicool Wireless Mouse G700

おもいっきりゲームをプレイしている人は、ゲーミングマウスを使っている人も多いかもしれません。   
ゲーミングマウスのメジャーメーカー、ロジクール。    
こんな10ボタン搭載のマウス『Logicool Gaming Mouse G500』が人気とか。    
実際には、ホイール、ホイールの左右チルトまで含めて10ボタン。実質、ボタンらしいボタンは左右ボタン+左サイドに付加された5ボタンの合計 7ボタン。

 

2010年8月23日にリリースされた、『Logicool Wireless Mouse G700』はワイヤレスマウスのシリーズとして発売されているもののゲーミングマウスより強力です。

 

基本機能はゲーミングマウスと遜色なく、パソコンへの接続方法がUSBケーブルによる有線、専用の無線受信機による無線でも可能。    
その上、ボタンの数が10ボタンから13ボタンに増えています!    
実質のボタンらしいボタンは、左右ボタン、左側面に4つ、左ボタンの脇に3つ、ホイールの手前に1つの合計 10ボタン。    

 

ボタンにはマクロを登録しておく機能が搭載され、マウス内のメモリに登録されるタイプです。   
パソコンが変わったらマクロの再定義ということがいらないってことですね?

 

ロジクール曰く「クリエイターにも向けたマウス」ですが、ゲーマーにも最適なマウスですね。

2007.04.17

ノートPCのグラフィック拡張

ウルティマ オンライン 甦りし王国(略称、UOKR)』の第一次ベータテスター募集が始まり、少しばかり詳細なパソコンの必要動作環境も公開されました。
それによると、低スペックでも動作するように努力している割に、厳しいスペック要求になっていました。

OS: Windows® XP, Windows® Vista
CPU: Pentium® III 1GHz, Athlon® 1GHz 以上
メモリ: 512MB 以上
ハードディスク: 6.0GB 以上の空き容量
グラフィック: T&L搭載のVRAM 64MB 以上(NVIDIA GeForce 3以降)
サウンド: サウンドカード必須
ドライブ: DVD-ROM(※インストールに使用)
DirectX®: DirectX® 9.0c 以上

OS、CPU、メモリは予てよりの発表通りのままで、ここ2、3年のパソコンであれば特別問題はないと思われます。
しかし、グラフィックの部分はそうではないようです。キーワードとなるのは、T&L搭載という部分です。
3D処理で座標の計算・変換などを行うトランスフォーム(Transform)機能と、光源による物体の明暗を処理するライティング(Lighting)のことをT&L処理というのですが、これらは3D描画で使う機能なのでUOの新クライアントは3Dであるということなのでしょうか。
今のパソコンは廉価な物でも3D描画はできる状況ですが、このT&L機能についてはグラフィックを処理する専用のハードウェアを搭載せずにCPUで処理している物が多いのです。特に、Intel社製のチップセット(CPUと周辺回路を結ぶLSI)に内臓されているグラフィック機能を使っているというパソコンは、CPUで処理している可能性が高いので注意が必要です。(9xxというナンバーのチップセットはDirectX9対応となっているので問題はないように思われます。)
ファイナルファンタジーなど一部のMMORPGでは、ハードウェアのT&L機能を要求してくる物があり、UOKRの新クライアントもそうであるならば一部Intel社製のチップセットが搭載されている廉価なパソコンでは動作しないということになります。

続きを読む "ノートPCのグラフィック拡張" »

2007.02.27

新しいUOクライアントに良いPC

2007年、ウルティマ オンライン(UO)の新しいクライアントがリリースされようとしている。
ウルティマ オンライン 甦りし王国』がそれであるが、今までの2Dクライアントに比べてパソコンの要求スペックは上がるようである。

現行2Dクライアントの要求スペック
CPU: Pentiume II/400MHz
メモリ: 128MB
グラフィック: ビデオRAM 8MB
ハードディスク: 1.5GB

新クライアントの要求スペック
CPU: 1GHz
メモリ: 512MB
グラフィック: GeForce 3程度
ハードディスク: 2GBの空き容量

最後に発表された新クライアントの要求スペックでは、想定されているCPUが何であるか不明なのが気になる。1GHz以上の動作クロックをラインナップしているCPUは、Intel社はPentiume III以降、AMD社はAthlon以降となっているがこのあたりで十分動くのだろうか?
グラフィックについても想定されているGPUは発表されているものの、想定されているビデオRAMが明記されていない。GeForce 3がメインに販売されていた時期のビデオRAMは32MB以上の物しか見かけなかったことから、32MBを想定されている可能性はある。
また、メモリについては512MBとなっているが、OSによってこの数値は大きく変わる。Windows Vistaであれば1024MBは必要になると思われる。

これらの要求スペックを満たせない場合はパソコンを買い換えるかアップグレードをする必要があるわけだ。
もう1つの選択は、暫く利用可能とされている現在の2Dクライアントを使い続けることだが、今後追加される新たなエリアやダンジョンに入れない制約がある。過去を振り返るとイルシェナーが3Dクライアントのみという制約から2Dクライアントにも解放された事もあるが今回は期待できないかもしれない。

折もパソコンを買い換える人が多いこの時期、ウルティマ オンライン(UO)だけでなくある程度の3Dゲームもできるスペックのパソコンにしてはどうかという提案をしてみよう。
意外にノートパソコンユーザーが多いので、後でパーツ交換が難しいノートパソコンを紹介してみる。

HP Pavilion Notebook PC dv9200/CT

¥171,150(税込み)から買えるこのパソコンはなかなかである。

続きを読む "新しいUOクライアントに良いPC" »

2006.10.25

Firefox 2.0リリース!

本日はウルティマ オンラインの話題ではなく、本日リリースされたての“Firefox 2.0”について書きます。ウルティマ オンラインを遊ぶ中で公式ページを閲覧したり、アカウント管理サイトにアクセスする為にWebブラウザは重要な物なので興味なくてもちょっと読んで頂ければ幸いです。
もちろん、ウルティマ オンラインだけでなくオンラインゲーム類は全てWebブラウザは重要なアイテムですよね。

昨今ではInternet Explorer 7.0の公開という話も出ていて、しかもInternet Explorer 7.0はWindowsの自動更新で提供されるというから個人的には嫌気いっぱいです。Webブラウザのバージョンが勝手に変わって今まで使っていたアドオンや機能拡張類、IEの機能の一部を使ってWebページを表示していたソフトが正常に動かなくなったらどうするのでしょう… IE7.0を自動更新で提供というのは有難迷惑でしかないです。
ウルティマ オンラインもしっかりIEの機能の一部を使ってると思える部分がありますから、もしかすると影響が出るかもしれないですね。まあ、ゲームがプレイできなくなるというようなものではないでしょうけどね。

そんなInternet Explorer 7.0に対抗なのか、Firefox 2.0がリリースされました。
今回の目玉機能は、『フィッシング詐欺サイト警告機能』などがあります。この『フィッシング詐欺サイト警告機能』は、負の要素として大流行中の“フィッシング詐欺”の被害にあわないように「フィッシング詐欺サイト」と呼ばれる偽装の疑いのあるWebサイトにアクセスすると警告を表示してくれる機能です。同様の機能がIE7.0にも搭載されていますので優位性があるかどうかは「フィッシング詐欺サイト」の検出率しだいでしょうか。微妙な違いですね。
実際、Internet Explorer 7.0とFirefox 2.0は新たに追加された機能だけはほぼ互角な状態です。

敢て違いを出すならば、Firefox 2.0はInternet Explorer 7.0よりも幅広いOSで動作するところでしょう。Windowsだけに限ってみても、Windows 98などの古いOSはサポートしないMicrosoft社では当然Internet Explorer 7.0の動作はサポートされず、Windows XP Service Pack 1ですら動作対象外です。これに対してFirefox 2.0はWindows 98も動作対象ですから、最新のバージョンが利用できます。Webブラウザは、セキュリティ面からみていつも最新のバージョンにしておきたいですから、古いWindowsを使っている場合には有難いですね。(Microsoft社のサポート対象外になっているWindowsは、それ自身に脆弱性があっても修正プログラムが提供されないので継続利用は危険です。)
また、オープンソースという手法で開発されているFirefox 2.0は多くの卓越した技術者によってセキュリティ面の検証などが行われており、問題が発覚した場合でも比較的速やかに修正されるので高いレベルでセキュアな状態を維持できているというのは評価できるところです。

とはいえ、動画配信などのストリーミングサイトではInternet Explorerしかサポートしていないサイトも多かったり、Internet Explorerでないと正常に表示されないサイトがあったりという問題がありますが… これがなければね……

そんな問題も利用者の数が多くなれば解消されますよ! ということで、仲間を増やそうキャンペーンという感じですね(笑)
特に国内の利用者数統計をみると国外の数字よりかなり少ない感じなので、国内でもっともっとFirefoxを使う人が増えてくれることを望んでいます。
なんと言っても、FirefoxならばWindowsの他Mac、Linuxにも対応しているので、絶対利用者数が増えてInternet Explorerと地位が逆転すれば各OSを意識してWebページを作成しなくてもそれなりに見えるページが作れて楽ができそうという魅力もありますし。
逆転は無理でしょうかね?

さてさて、いろいろとIEに対して不利な感じのFirefoxですが、その特徴的な機能の1つとして公開されている豊富な拡張機能を自由に組み合わせて自分好みのカスタマイズが比較的簡単にできるというものがあります。この機能はFirefox 2.0にも当然のように継承されています。
とても便利な機能なのですが、あまりにも豊富に拡張機能が公開されていてどれをインストールするか悩むくらいな状態というのが困りもの。
ということで、私が利用している拡張機能を紹介します。

Configuration Mania
Firefoxの標準のオプション設定からは設定できない隠し設定を簡単にできたり、設定をより便利にできる設定項目を追加できます。類似の拡張機能はいくつかあるが公式ページが日本語表記なので良い。

Cookie Button in status bar
ステータスバーに表示されているサイトのクッキー受入れ状態表示、オプション設定を開かないでサイト毎にクッキー受入れ状態を変更する機能が追加できます。邪魔にならずクッキーの受入れ状態の確認、サイト毎の受入れ状態設定が簡単にできるので便利。

ReloadEvery
指定した時間間隔で表示しているサイトを自動リロードする機能を追加できます。自動リロード機能がないWebメールを利用する時に新着メール確認が定期的にできて便利。

SwitchProxy Tool
オプション設定を開かずに、Proxyの利用状況を確認したり設定を変更する機能を追加できる。普段はあまり利用しないが、利用中のSSHで暗号化通信ができるレンタルスペースのメンテナンス時に利用。

Mozilla Archive Format
Internet Explorerにある閲覧中のWebページを単一ファイルに保存、単一ファイルの形式で保存されたWebページの閲覧機能を追加できる。現在はほとんど利用していない(汗)

以上の5つの拡張機能をインストールしています。
他にも、mixiを便利に利用できるようにする拡張機能“mixiツールバー”やGmailを便利に利用できる数種類の拡張機能、そしてGoogleを便利に使える“Googleツールバー”なども魅力があります。
まだFirefoxをお使いでない方は、このブログのサイドバーに「Get Firefox」のバナーからダウンロードページに飛べますので是非Firefoxをお試し下さい。
(拡張機能のバージョンによってはFirefox 2.0では動作しませんのでご注意下さい)

<< 追記 >>
Firefoxの情報を専門に扱っているwiki『Firefox更新情報 Wiki*』というサイトがあるので、拡張機能の情報など探している場合に訪問してみると役立つ情報がみつかるかもしれません。

フォト

  • ※ 当ブログは、有料サイト、アダルト系サイト、出会い系サイトなどからのリンクを除き基本的にリンクフリーです。
    ウルティマ オンライン系サイトからのリンクは大歓迎です。

Copyright EA&UO

  • (C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

  • リンク・ランキング サイト リンク
    UOインデックス
    ネットゲームしま専科?

UO フェルッカ街情報

無料ブログはココログ